西鎌倉鍼灸院|鎌倉・大船

婦人科トラブルには自律神経やホルモンの乱れが大きく関与しています。
きめ細かく対応できる当院の鍼灸治療はこれらの乱れを整えることを得意としております。

西鎌倉鍼灸院|横浜市中区みなとみらい・桜木町

西鎌倉鍼灸院ナビゲーター

西鎌倉鍼灸院のホームページに訪問していただき、ありがとうございます。はじめての方のために、まずは『西鎌倉鍼灸院』を紹介させて下さい!

日々変化する女性の身体に
適した医療を提供します

不妊鍼灸スタッフ

当院のホームページにお越し頂き、誠にありがとうございます。

鍼灸や漢方薬といった東洋医学は女性の強い味方である事をご存知でしたか。当院では不妊・婦人科専門の看板をかかげる前から来院される方の約8割が女性でした。その中でも最も多いのが30代~40代、男女問わず身体の変化が顕著に表れる世代です。

日々身体を診ていると、身体の反応に性差がある事を感じます。個人差はあるものの平均的にみて男性の方が症状と身体の反応が一致している事が多く、治療がストレートに進みます。例えば男性の腰痛であれば幾つかのパターンに分類出来ることがほとんどです。女性にも同じようにパターンがあるものの生理周期やその日の状態などによる変化がより強く影響するせいか、同じ腰痛を治療する場合でも複雑になる傾向があります。

一般に西洋医学では病気を診ます。そのため、感染症などの原因がはっきりとした病気であればすぐに絶大な効果を発揮します。しかし、原因が特定できない場合は治療効果がまちまちとなり、副作用のリスクも増してしまいます。さらに今の医療制度では十分な時間をかけて診療出来ない事もあり、日々変化する女性の身体に適した医療の提供が難しいという側面もあります。

東洋医学では人を診ます。十分な時間をかけその日の状態を診る事ができるため、副作用を最小限に抑えつつ日々の変化に対応することが可能です。こういったことが東洋医学が繊細な女性との相性が良いと言われる所以に繋がっているのだと思います。

アットホームな西鎌倉鍼灸院でご自身の身体と向き合ってみませんか。スタッフ一同でお待ちしております。

鎌倉・湘南エリアの閑静な鍼灸院

当院は、西鎌倉駅から徒歩2分、鎌倉・湘南エリアの閑静な住宅街にある鍼灸院です。近くには鎌倉山があり、少し歩けば湘南の海にもでることができる立地にあります。大船駅、藤沢駅からもバスや電車でご来院可能ですので、 お気軽にご来院下さい。

完全個室で静かに治療が受けられます。

西鎌倉は鎌倉・湘南エリアの中心地から少し離れた静かな場所ですので、ゆっくり落ち着いて治療を受けられます。治療室はベッド一台の完全個室です。清潔で静かな院にてスタッフ一同笑顔でお待ちしております。

当院は様々なメディアで紹介されています。

西鎌倉鍼灸院は、これまでに様々なメディアで紹介していただいています。一例ですが以下のような専門雑誌に掲載していただいています。

西鎌倉鍼灸院は、アットホームな治療院ですので、お気軽にお問い合わせいただければ、スタッフがスグにお答えします。

お体の不調についてはもちろん、鍼灸治療に対する不安や疑問、院の様子など、どんな小さなことでもお尋ね下さい。丁寧にサポートさせていただきます。

患者様の声
Voice of Customer

西鎌倉鍼灸院で施術を受けて頂いた患者さまからのコメントの一部を紹介します。

産後不調

産後に様々な不調が・・・
(Wさん 40代)

背中の痛み、胸の詰まり感、精神の不安定感、etc.とにかく不調続きの心身でした。 伊藤先生の施術は今日で4回目ですが目に見えて改善されているのを感じています。不思議です。日常生活で気を付けること、食生活のアドバイスもして頂き有りがたいです。この分だと迫り来る更年期障害も乗り切れそうです!!子育て仕事に忙しく定期的に通えませんが長~く通い続けたいと思っています。

担当施術者のコメント

お仕事や子育てにいつも忙しく奮闘されているWさんですが、詳しくお話を伺うと色々な症状が産後に現れ、徐々に悪化していたことがわかりました。産後の身体を診させて頂くといつも感じるのですが、お産は私の想像をはるかに超えた重労働の様です。

妊娠中から産後まで女性は身体的な負担はもちろんですが、精神的なストレスにもさらされます。これが高齢出産となるとなおさらです。(Wさんも高齢出産でした。)そんな中、家事・育児そしてお仕事に追われ産後ケアをしっかりできない状態が続くと、Wさんのケースの様に出産前には無かった症状が現れることがあります。

鍼灸治療はライフステージに合わせて行うことができますが、産後ケアとしても絶大な効力を発揮します。「産後には鍼灸」が当たり前の世の中になると良いですね。

逆子

32週逆子
(Oさん 20代)

逆子がなかなか治らず悩んでいました。特に32週を過ぎてしまうと厳しいとのことでしたが、その時私は32週。逆子体操もずっとやっていましたが、効果がなく鍼灸治療を受けてみることにしました。最初にとにかく細かくカウンセリングをしていただき、本当に丁寧な私に合った治療をしていただきました。初めてだったので不安でしたが完全な個室、そして痛みもなく安心して治療を受けることができました。1回受けただけでも赤ちゃんのお腹での動きが今までとは全く違うようにポコポコ動くようになり合計2回の治療を受けて病院に行った結果、逆子が治っていました!!本当に伊藤先生に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

担当施術者のコメント

当院では多くの妊婦さんを診させて頂いておりますが、妊娠中に鍼灸治療を受けられた方は皆さん「治療中は赤ちゃんが良く動く。」とおっしゃいます。妊娠初期から出産まで定期的に診させて頂いている方で骨盤位(逆子)の診断を受けた方は今の所いらっしゃいません。

お腹周りに張りがある方でもお腹に鍼をするわけではなく、手足や背中などのツボを使うので妊娠中でも安全に張りを緩めることが出来ます。お腹周りの張りがとれるとお腹の中の赤ちゃんは動きやすくなるのでしょうね。

赤ちゃんが大きくなりすぎるといくらお腹周りを緩めても回りづらくなってしまうので、お悩みの方は早めにご相談ください。

当院の特長
Features

西鎌倉鍼灸院では、お客さまのお話をじっくり聞いた上で、鍼灸師が治療方針を立て、患者さま一人ひとりに合った施術を行っています。

痛くない鍼灸治療

東洋医学では全ての病や症状に必ず理由があると考えますが、現代医学では画像や数値などが正常であれば原因不明と判断されてしまう事が多くあります。病院で原因不明と言われたケースや色々試しても結果に繋がらなかったケースでも、視点を変えてみると比較的短期間に良い結果に繋がる事もあります。

当院では、初診時の問診に時間をかけて細かくお話を伺います。その他にも姿勢や動作、舌、脈、腹、背中、皮膚の状態など色々な視点から原因を探ります、ご本人が関係ないかな?と思っている日常の中に原因があることは珍しくありません。その原因を追究し、解決の糸口を紐解いていく事が私たちの仕事です。一緒に原因を探し、解決出来るよう私たちがお手伝いさせて頂きます。

鍼灸治療の即効性

「つわり」にはこのツボ、「生理痛」にはこのツボ、と症状によって選択するツボが決められていると思っていませんか?

東洋医学的に治療していく、ということは、決められたツボに鍼や灸をすることではなく、同じ「つわり」や「生理痛」と言われる状態でも、個人によってその原因が全く異なることがあります。

当院での治療は、個人の状態に合わせ、さらに、日々変化する心と身体の状態に合わせた、「あなただけの治療プログラム」を組んで、お悩みを解決するお手伝いを致します。

国家資格:鍼灸師ライセンス

当院スタッフは全員、はり師、きゅう師、あん摩指圧マッサージ師のいずれかの国家資格を保有しているプロフェッショナルです。

当院は初診からお悩みが解決するまで、専属スタッフが責任を持って施術いたします。

横浜「桜木町」駅直結の好立地

当院は、西鎌倉駅から徒歩2分、鎌倉・湘南エリアの閑静な場所にある鍼灸院です。西鎌倉は鎌倉山の麓の静かな住宅街です。湘南の海に近く、少し歩けば潮のも香り漂う落ち着いた雰囲気の街です。

JR大船駅から湘南モノレールで9分とアクセスも良く、当院で治療を受けた後、そのままモノレールに乗って賑やかな湘南の海にでることもできます。ちょっとした旅行気分でご来院いただけます。

医療と連携を蜜に行っています

メディカルスパ鍼灸院は、西鎌倉院『柳川クリニック』、みなとみらい・もみじ坂院『みなとみらいケンズクリニック』に併設されています。クリニックと連携することで現在の病態、個々に合った最適な医療を提供することができます。 各種検査をした方が良い場合など、医師と密に話し合い、最善の選択をしていきます。

漢方治療との併用

東洋医学での治療手段は、導引按蹻(運動・マッサージ等)や漢方、鍼灸が主にあります。 近年では一般の医療機関の現場でも漢方が処方される場合が多いです。「生理痛」=「当帰芍薬散」と言った様な、症状=即処方がされる事が多々ありますが、本来漢方処方は、東洋医学的な診断がなされて初めて最大限効果を発揮するものです。現在も漢方を服薬されている方も、漢方専門医に診てもらった方が良い場合があります。

当院では、以下の提携クリニックへご紹介することが可能です。
横浜:『ベイサイドクリニック』
藤沢:『藤沢メンタル・漢方クリニック』

鍼灸治療に加え、漢方治療を併用する場合には、任意のもとに漢方医と情報交換をまめに行い、患者さんに対する共通の「東洋医学的認識」を持ち、鍼灸・漢方の双方からアプローチしていきます。医師が処方する漢方は保険適用のため経済的負担も軽減されます。

当院の治療症例
Treatment Cases

30代:逆子

初診時所見
  • 妊娠33週(約1700g)で来院
  • お腹の張りはあまりなく胎動も良く感じるが健診に行くと骨盤位から全く動いていないと言われる
  • 足先は冷たく、膝から下に若干のむくみがある
その他症状
腰痛、むくみ、足の冷え、アレルギー性鼻炎、お腹を下しやすい
鍼灸での治療経過
<初診>
  • 触診では赤ちゃんの頭がお母さんの右肋骨の下辺りにある状態と思われた。
  • 右の鼠径部、右首の後ろ、左内ももに張り・圧痛があったため、足のツボを使って対処。
  • 足のツボにお灸をすると左足だけ何壮(そう)据えても熱を感じなかったため熱を感じるまで丁寧にお灸を据えた。
<2診目(3日後)>
  • 胎動を感じる位置が上部へ移動したとのこと。
  • 触診すると赤ちゃんの頭が左へそ下辺りにある状態と思われた。
  • 初診時にあった張りは気にならない程度になっていた。
  • 左足のツボは右に比べるとまだ若干熱が通りにくかったが、初診時の1/3くらいのお灸で熱を感じるようになっていた。
  • 軽めの刺激で調整し、2日後の健診に備えて頂く。
<後日>
  • 健診にて頭位(逆子が治っていた)を確認。

担当施術者の考察

当院では多くの妊婦さんを診させて頂いておりますが、妊娠中に鍼灸治療を受けられた方は皆さん「治療中は赤ちゃんが良く動く。」とおっしゃいます。妊娠初期から出産まで定期的に診させて頂いている方で骨盤位(逆子)の診断を受けた方は今の所いらっしゃいません。

お腹周りに張りがある方でもお腹に鍼をするわけではなく、手足や背中などのツボを使うので妊娠中でも安全に張りを緩めることが出来ます。お腹周りの張りがとれるとお腹の中の赤ちゃんは動きやすくなるのでしょうね。

赤ちゃんが大きくなりすぎるといくらお腹周りを緩めても回りづらくなってしまうので、お悩みの方は早めにご相談ください。

30代:PMS

主な症状

4.5日前からひどく悪化し、会社を休むほどだった。原因は特に思いあたらない。生理前は不調が強く、上記症状のほか、胸の張り、吹き出もの、焦燥感なども出現。仕事の忙しさが重なると、症状は強まる

その他症状
こめかみ~側頭の頭痛
鍼灸での治療経過
<初診直後>
  • 触診では赤ちゃんの頭がお母さんの右肋骨の下辺りにある状態と思われた。
<2診目>
  • 頭痛がでなかった。プラス、生理前の胸張りが全くなかった。生理痛も軽く、吹き出ものが減った。
<5診目(2か月後)>
  • 肩くびの痛みは気にならない程度になった。頭痛は時々でるがひどくはならない。
  • 生理前の不調はなくなり、むくみが気になるぐらいになる。

担当施術者の考察

事が忙しく、また業務について考える等責任感が強い女性で、心労によるPMS(月経前症候群)が主訴である肩くびの痛み、頭痛を悪化させていたと思われます。初診時、ご本人にPMSの自覚はなかったのですが、問診時「そういえば生理前調子わるい」という話がありました。

生理にかかわる不調を鍼灸治療で治療していくと、病気ではないけれど日常生活に支障が出るような症状の改善に、良い影響を及ぼします。

40代:更年期障害

主な症状
  • 3.4年前より更年期様症状が始まり、一昨年前からホルモン補充療法を開始。ホットフラッシュ、緊張感、精神不安がなくなる。
  • 少し前、責任ある仕事を任されるようになり頭痛が出現。常に痛く、仕事を休まなければならなかったり、休日も思うように活動できないのを解決したく鍼灸治療を始める。
その他症状
動悸
鍼灸での治療経過
<初診直後>
  • 頭痛はない。「なんだか楽になった気がする」と最後に一言。
<2診目>
  • 初診2日後にひどい頭痛があったけれど仕事もできた、良く眠ったら治った。近頃すごく忙しいけれど、肩こりや眼精疲労もひどくなく、調子がよいそう。
<3診目>
  • 頭痛は一か月に2日までに減る。残業が続いている。
<4診目>
  • 頭痛変わりない。肩や首のこりは、忙しさは増しているけれど以前より良くなっている。動悸も減っている。
  • 「しんどいのとか、からだのことを聞いてもらってありがたい」とおっしゃる。
<5診目>
  • 頭痛はゼロにはならないが、会社を休んだり、休日動けないということはなくなり、趣味を楽しむほどになった。仕事や家庭の忙しさの度合いにより、頭痛の程度に変化がある。

担当施術者の考察

子育てが一段落つき仕事に集中できる年代になり責任あるポストに就いたそうです。労働時間やパソコン作業の時間が長くなり、気血の消耗につながり発症した症状です。

30代:無月経

主な症状
  • 無月経、肩から腰の痛み、頭痛、全身がだるい
  • ここ5日ほどで症状悪化
  • 家庭内のトラブルが悪化の原因と思われる
  • 20代前半から生理が毎月なく、半年や9ヶ月の間隔
  • 婦人科で無排卵月経といわれホルモン療法をするも治療をやめるとまたなくなるので中止した
鍼灸での治療経過
<初診直後>
  • 背中の張り低下、頭痛はない。
<3診目>
  • 真夏のさなか熱中症で倒れる。外気温が高いと症状が悪化する。
<9診目>
  • 日常生活に影響を及ぼすほどの症状はでない。普通用ナプキンが必要な程度の出血が2回あった。
<13診目>
  • 生理が8か月ぶりに来た。7日間すごい出血量。赤黒くねばっとした経血。
<17診目>
  • 前回から2か月ぶりの生理。前回ほどではないが出血量多い。
<20診目>
  • 生理周期が2か月継続するかみている。梅雨の時期だるさ強い。

担当施術者の考察

環境要因が強い。環境によるストレス増悪時、全身症状が増す。様々なアプローチからの改善、対抗力をつける試みをしています。この方は熱が悪化原因となる月経不順ですので、暑い時期や適切でないあたため、温活は症状をより悪くします。日常生活においての注意点、アドバイスも治療の一環にしています。

鍼灸治療って何?
Why Acupuncture?

初心者でもわかる鍼灸治療

「鍼灸」についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?正直なところ「鍼灸って何?大丈夫なの!?」と思っている人も多いのではないでしょうか?

鍼灸は欧米社会ではすでに安全で確立された医療行為の1つとして認められており、身体の痛みの改善はもちろん不妊治療や美容にも用いられていますが、日本ではまだまだ知名度も低いのが現状で、漠然と「鍼灸=怪しい」とお考えの人も多いです。

そのような方のために、少し「鍼灸治療」について解説したいと思います。当院の鍼灸師伊藤がわかりやすく解説致します。


もみじさん

伊藤先生、はじめまして。よろしくお願いします。最近、生理痛がひどくて鍼灸治療を受けようと思っているのですが、不安があります。


鍼灸師 伊藤

こんにちは、もみじさん。もちろんです。なんでも聞いて下さい。できるだけ、わかりやすくお答えしますよ!


もみじさん

いきなり失礼な質問ですが、鍼灸治療で色んな病気が本当に治るんですか?


鍼灸師 伊藤

当院の鍼灸治療では東洋医学の概念をベースに病気をみるのですが、基本的には身体のバランスが崩れた状態のまま過ごしていると、病気として色々な症状が現れますよと考えます。
このバランスを整える一つの方法が鍼灸治療なんですね。

バランスを整える?…のが鍼灸治療。うーん…

はい。バランスが崩れた大本の原因を鍼灸治療で取除いてあげればおのずと痛みは消えていきます。

例えば生理痛の場合、一般的には東洋医学で言うところの「気」や「血」の滞りや不足が原因となります。

生理痛にも、きちんと起こる理由があるということですね。

そうです。この「気」や「血」の滞りや不足を鍼灸治療で解消すればおのずと痛みは消えていきます。
生理痛以外でもこの基本ルールは変わりません。

その「体のバランスを整える」ことが、鍼灸でよくいう「気をコントロールする」ってことなんですか?
では、そもそも「気」って何なんでしょう?


鍼灸師 伊藤

「気」とは東洋医学の基盤を為す概念なのですが血液のように目に見えるものではなく、アニメやフィクションの世界でも度々描かれるためリアリティに欠けますよね。
しかし、空気や重力も目には見えませんが私たちの身体に影響を与えています。
「気」もそのような物だととりあえずはお考え下さい。


もみじさん

そうですね。目に見えないし実感も湧かないので、つい怪しいなって思っちゃいます。笑

「気」は私たちの身体を常に巡っています。
何かの拍子で身体のバランスが崩れると「気」の巡りが悪くなり、それが特定の場所に張りや痛みとして現れます。
ツボに鍼やお灸で刺激を与えることで「気」の巡りを良くしてあげるとその張りや痛みが和らぎます。

さきほどの「体のバランスを整える」ってことですね!

はい、そうです。
当院ではこの様に見えない「気」を受けてにも感じられるように丁寧に説明しながら施術します。
初めは怪しいと思われるかもしれませんが、身体の変化を体感しながら受けられるので皆さん驚かれますよ。

わかりました。安心しました!


もみじさん

それで、あのー…
できれば女性の鍼灸師さんに治療をお願いしたいんですけど…


鍼灸師 伊藤

そうですねよ。大丈夫ですよ。
当院は女性鍼灸師もいますので、ご希望の方はお伝え下さい。

よかった!

よろしくお願いします!
女性特有の悩みも遠慮なくご相談下さい。


もみじさん

鍼灸治療って体に鍼を刺して治療していくじゃないですか。何本も注射しているように。
すごく痛いですよね?みなさん我慢されているんですか?


鍼灸師 伊藤

当院では世界最細と言われている0.1mm~0.16mmの日本製使い捨て鍼を主に使用しております。
これは蚊の口先や髪の毛に近い細さで、刺しても殆ど感じません。

痛くない…んですか?

敏感な部位や過敏な方は多少の痛みを感じることもありますが注射のような痛みはまずありません。


鍼灸師 伊藤

また注射針と異なり鍼の先端は細胞を破壊しないように丸みを帯びているため刺入時の痛みが少なくなるように作られています。

本当に痛くないんですか?笑

うーん、ここだけの話、私が担当させて頂いている中で我慢されている方は「いません。」と言いたいところですが、把握している限りだと2名いらっしゃいます…

やっぱり痛いんですね!!

いえいえ、その方も激痛を感じているわけではありませんし、拷問のような感じではないですよ。笑
もちろん、痛ければ「痛い!」って遠慮なく言ってください!

多少、個人差もあるんですね。
わかりました。伊藤先生を信じて鍼灸治療を受けてみます!

ぜひぜひ。痛くしませんよ!

女性特有のトラブルに悩んでいる方は一度、西鎌倉鍼灸院にご相談下さい。メールはもちろん、Twitterでもお問合せいただけます。雑談程度の気持ちで話しかけていただいて構いませんので、お気軽にご利用下さい。もちろん、相談は無料です!

料金と交通アクセス
Price & Access

料金

治療費 6,700円
初診料 2,250円

交通アクセス

営業時間 月~土: 9:00~18:00
電話番号 0467-33-0121
所在地 〒248-0035
神奈川県鎌倉市西鎌倉1-18-3
 
上へ戻るボタン