Web予約
不妊鍼灸|鍼灸院

月経前症候群(PMS)|鍼灸院

月経前症候群(PMS)に対する鍼灸治療

月経前症候群(premenstrual syndrome:PMS)は、月経の始まる一週間から10日くらい前から不快な症状があらわれますが、月経が始まると同時にこれらの症状が消失するのが特徴です。

月経前の諸症状(PMS)はあって当たり前?

東洋医学では、陰陽のバランスが崩れたことで起こるものと考え、治療の対象としています。

月経前症候群のおもな症状

1. からだの症状

  • 痛み : 下腹部痛・腰痛
  • 乳房:乳房の張り・乳房痛
  • 消化器症状:気分不良・吐き気・腹部膨満感・便秘
  • 神経症状:頭痛・めまい
  • 皮膚症状:にきび・肌荒れ・喘息症状の悪化
  • 水分貯留症状:むくみ・尿量減少・体重増加

2. こころの症状

イライラ・憂うつ・怒りっぽい・集中力低下・疲れやすい

3. 社会適応障害

  • 仕事がうまくいかない
  • 周りの人とのコミュニケーションがうまくいかない
  • 社会的に孤立する

受診を迷っている方、当院の症例、治療計画の一例をご覧になってからご決断ください。

30代Aさん PMS

主な症状
肩、くびの痛み
その他の症状
こめかみ~側頭の頭痛
初診時所見
当院受診4.5日前からひどく悪化し、会社を休むほどだった。原因は特に思いあたらない。月経前は上記症状が強く、また、月経前症候群の症状(胸の張り、吹き出もの、焦燥感)なども出現。仕事の忙しさが重なると、すべての症状はさらに強まる。
治療経過
<初診直後>
  • 肩くびの痛みは感じない。表情がやわらぎ笑顔がでる。
<2診目(初診2週間後)>
  • 頭痛はなく、月経前の胸の張りも全くなかった。月経痛も軽く、吹き出ものが減った。
<5診目(2か月後)>
  • 肩くびの痛みは気にならない程度になった。頭痛は時々出るがひどくはならない。月経前の不調はなくなり、むくみが気になる程度に(月経前にむくむのは、正常範囲です)。

担当施術者の考察

仕事が忙しく、また日頃から業務について考える等責任感が強い女性で、初診時、ご本人にPMSの自覚はなかったのですが、問診時「そういえば生理前調子わるい」という話がありました。

主訴である肩、くびの痛み、頭痛は心労による月経前症候群(PMS)と考え、治療をしました。月経にかかわる不調を鍼灸治療していくと、病気ではないけれど日常生活に支障が出るような症状の改善に、良い影響を及ぼします。

その後も定期的に来院され、会社を休むほどの不調はなくなったそうです。

メディカルスパ通販はこちらから
メディカルスパ案内

所在地

神奈川県横浜市中区花咲町3-103-3
ベイビュー横浜 2F

営業時間

鍼灸院
 平日: 11:00~20:00
 土日: 10:00~18:00

電話番号

鍼灸院
 045-567-6848

定休日

不定休

施術メニュー
鍼灸院
不妊鍼灸治療
婦人科鍼灸
痛みの鍼灸治療
美容鍼灸・美顔鍼
リンパドレナージ
Medical Spaについて
Medical Spa もみじ坂
メディカルスパのご紹介
メディカルスパ通信販売
交通アクセス
お問い合わせ
グループ施設情報
ケンズグループ
採用情報
ケンズブログ
上へ戻るボタン