Web予約
逆子の鍼灸治療|鍼灸院

逆子・マタニティケア|鍼灸院

逆子に対する鍼灸治療

「逆子の灸」は古くから行われてきました。
現在では、母体の小指にあるツボ、至陰や三陰交にお灸をすることが有名になり、産婦人科でも積極的に進めることが多くなっています。

矯正率60~90%!?

過去逆子の鍼灸治療を行った研究報告では、頭位に矯正した割合がなんと60~90%となっています。筑波大学が行った研究でも、逆子と診断され鍼灸治療を受けた143 例中 88 例 61.5%が矯正したと報告しています。

妊娠 28~31 週に鍼灸治療を開始した者は、妊娠 32~35 週に鍼灸治療を開始した者に比べ、矯正率が有意に高い結果が得られた。

上記のデータからも、逆子の鍼灸治療を始める時期は29週前後からが理想的といえます。

注意が必要な状態

臍帯巻絡、過短臍帯、羊水過少、双角子宮、子宮筋腫、羊水過多、多胎、前置胎盤

通常上記の指摘を受けた場合は、医師へご相談の上ご来院下さい。

※筑波大学の研究チームは、上記の状態でも、早期に鍼灸治療を受診することで、矯正率を上げる事が出来る可能性を指摘しています。
また、妊婦が身体の不調(肩こり、腰痛、むくみ、冷え等)がある場合とない場合での頭位矯正率に違いがあることも研究結果として指摘しています。妊娠期に不調がない状態を保つことが逆子を治すことにも繋がると当院の経験でも考えております。

逆子の東洋医学的な考え方

東洋医学では、頭側が「陽」とし、足側を「陰」とします。そして頭が涼しく足が暖かくなっていることで、陰陽の調和をはかっていると考えています。これを頭寒足熱と言います。

赤ちゃんは28週以前まではグルグルと母体の中を回り、陰陽を循環させているのですが、出産間近になると、母体の陽側に赤ちゃんの足「陰」が、母体の陰側に赤ちゃんの頭「陽」になることで、バランスを整えるようになります。母体の頭寒足熱が胎位の道しるべになっている感じです。

母体の足が冷たくなっていたり、のぼせて頭が暑くなっていたり、循環が悪くなっていたりすると、胎位の道しるべが通常とは違う所にあるため、胎位異常になってしまうのだ捉えています。

受診を迷っている方、当院の症例、治療計画の一例をご覧になってからご決断ください。

20代前半Kさん 逆子

初診時所見
妊娠○○週で骨盤位(逆子)を指摘され、以降一度も頭位へ治らなく、当院へ受診。初診時の身体の状態は、お腹全体が張っており硬い。足先が冷たく、下肢全体がむくんでいる。甘いものが好きで食べることが多いとのこと。
その他症状
お腹の張り(下腹がツンと痛む時がある)むくみ、足の冷え
治療経過
<初診>
  • 東洋医学的に、上実下虚(頭が熱くて足が冷たい状態)であったので、もとに戻すように、背中を中心に鍼を低刺激で施術する。お灸を腰とお尻の間、右足の小指に数回施灸して終了。治療後お腹の突っ張りがなくなる。
<2診目>
  • 初診後帰宅したらゴロっと胎動がある。○○週検診で逆子が頭位になっていることを知らされる。治療は前回同様。お腹の張りは少ないが、下腹のツンとした痛みが少し残っている。
<3診目>
  • ○○週検診で頭位の状態をキープしている。お腹の張り、ツンとした痛み、足の冷え感もなくなったので、注意した方が良い食事の組み合わせ方を指導し、次回の検診で逆子になっていなければ卒業と伝え終える。

担当施術者の考察

逆子は自然と戻る場合の方が多いので、あまり心配をしないことが重要です。緊張や不安はお腹を張らせてかえって赤ちゃんが動きにくくさせてしまいます。

28週を超えても逆子の状態で、30週でも戻らない場合は鍼灸を併用すると戻りやすいと言われています。経験的には28週辺りから鍼灸を開始すると、お腹が柔らかくなり、赤ちゃんの胎動が増え、回りやすい環境が作りやすいと実感しています。

30代女性 つわり

主な症状
食べづわり
初診時所見
初めての妊娠で、現在妊娠10週目。様々なからだの変化があり、特に胃の調子が思わしくない。食べたい→食べる→気持ち悪くなる、を繰り返す。緊張感が強く、においや音にも敏感になっている。
その他症状
緊張感、肩甲骨内側のはり
鍼灸での治療経過
<初診直後>
  • 胃は大丈夫に。リラックスした、とおっしゃる。
<2診目>
  • 妊娠12週目。胃の調子はかなりよい。股関節の痛みや横になっている時間が長いので腰や背中の痛みが出現。症状に対する治療も兼ねて施術する。

担当施術者の考察

妊娠前から治療している方です。妊娠中は、つらい症状があっても気軽にくすりを飲めないし、また飲みたくないので良かった、とおっしゃっていました。

その後、無事出産され母子ともに健康のご様子です。現在も鍼灸治療を継続されており、産後や育児にまつわる身体の症状(授乳時の腰痛、腱鞘炎等)に対応しております。

メディカルスパ通販はこちらから
メディカルスパ案内

所在地

神奈川県横浜市中区花咲町3-103-3
ベイビュー横浜 2F

営業時間

鍼灸院
 平日: 11:00~20:00
 土日: 10:00~18:00

電話番号

鍼灸院
 045-567-6848

定休日

不定休

施術メニュー
鍼灸院
不妊鍼灸治療
婦人科鍼灸
痛みの鍼灸治療
美容鍼灸・美顔鍼
リンパドレナージ
Medical Spaについて
Medical Spa もみじ坂
メディカルスパのご紹介
メディカルスパ通信販売
交通アクセス
お問い合わせ
グループ施設情報
ケンズグループ
採用情報
ケンズブログ
上へ戻るボタン